2019年8月9日金曜日

8月8日大会結果

8月8日フリー大会
真夏の猛暑の中、フリー大会が開催されました。普段の練習の成果で皆さん頑張っていましたが、それにしても暑い1日でした。参加者の皆様お疲れさまでした。

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:佐久間・鳥越ペア
グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:小林・喜瀬ペア
アミノジエット(日本理化学薬品)
元気の元ミツバチの13種のアミノ酸
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:栗原・石井ペア
桜白波(薩摩酒造)
デ・ポーム・ワールド航空杯 4位
4位:島津・伊澤ペア
グレープシードオイル

テニスを始めたときは皆さんはストロークから始めましたか?ボレーから始めましたか?
ほとんどの方がストロークではないかと思います。
テニススクールを見ていると、先ずはストローク、それからボレーと習いゲームは雁行陣から始めるのではないかと思います。
ストロークの方が時間的に余裕があるので初心者には対応しやすいことからボレーは後回しになるんでしょうね。
中級者になると、ネットに出て攻撃的にと言われアプローチを習い平行陣に挑戦していく流れになります。

レベルや得意、不得意もあるのでどっちが良いと言う決まりは有りませんが、少しレベルが上がってくると、二人の負担を50%に分けて平行陣になってくるようです。

がしかし、最近のテニスはトップスピンをしっかり振り切って打てる選手がボレーヤーの足元、頭上(トップスピンロブ)と厄介な突き球を繰り出す。
こうなると、ボレーヤーの攻撃力は封じられる。

ボレーヤーがいかにスライスで相手にトップスピンを打たせないようにして、主導権を握るかは大切ですね。薄いグリップは慣れないと難しいですが、基本には理由があるんですね❗

フリーランキングはこちら