2018年6月29日金曜日

2018年6月28日大会結果

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:横山・川合ペア
六本木ヒルズ久徳ランチ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:小川・山口ペア
UV日傘
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:早川・藤井ペア
薩摩酒造黒潮
デ・ポーム・ワールド航空杯 4位
4位:酒井・山口ペア
お楽しみパスタセット

昨日の強風もおさまり良いコンディションと思いきや、お昼頃からは晴天の高温、そして思ったより風も有りの参加選手には過酷なコンディション?真夏はこれどころではないと思いますが、とにかく慣れない暑さと風は厳しいものでした。参加の皆様お疲れさまでした。

足と手。

足より手の方が3倍動きが速いと言われます。それぐらい手は器用で足は中々動かない。皆さん口は動くのにね。
デ・ポーム・ワールド航空杯
手先の器用さは最終手段として大切な武器でもある。しかしながら、トップに立つには足が有ってのテクニック。
誰かがテニスは足ニスと言った人もいました。親父ギャグの延長みたいなものですが。

トッププロの最終は身体能力。テクニックはフェデラーに任せておいて、それ以外の人はナダルのように走りまくるしかない。
どちらも、尊敬する人物。
ナダルの練習を見たことのある方ほとんどいないかと思いますが、全仏オープン。ローランギャロスのすぐ近くに練習コートがある。やばい。アウトとか関係ないんです。どんなボールも全力で拾いに行く。こいつバカじゃないかと思うぐらい、拾いまくる。
日本では昔、九鬼さんというミズノのプロがいた。九鬼さんは私が打ったボールがアウトすると必ず手で止めた。えっ九鬼さん何で?練習じゃない?と言うとアウトのボールを打つことは試合ではないでしょ。確かに。俺がごめんなさいです。

が、ナダルにはどんなボールでも練習なんですね。例え、コートのラインを割っても。