2019年11月29日金曜日

11月28日大会結果

11月28日デ・ポーム杯
(ワールド航空&アミノジェット杯)

小雨の降るなか、ビギナー大会が開催されました。それにしても寒い一日でしだが、皆様の熱気で良い試合内容でした。

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:横川・大川ペア
グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:橋爪・橋間ペア
アミノジェット
(疲れ知らずの13種のスズメ蜂のアミノ酸 筋肉回復にも効果あり)
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:伊藤・滝ペア
果物詰め合わせ
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:矢崎・濱田ペア
果物詰め合わせ

前々回はコンチネンタルグリップで持てたらいいですね。と言う話を書きました。
基本には訳があります。例えば足元のボールをボレーする場合、基本的には回り込んで打つのですが、サイドスピンができれば動かなくて済む。回り込んで打つと言うことは空きを作ることになります。厚いグリップではサイドスピンは中々難しい。足で頑張るか?テクニックでかわすか?その組み合わせか?
最終、足とテクニックの組み合わせなのでしょうが、厚いグリップになるとより足に頼らなくてはいけない。
コンチネンタルでサイドスピンを上手くこなせることは、基本に沿った良い打ち方といえます。
しかし、器用貧乏って事も有りますから、そこの厚いグリップの『あなた』ブキッチョでも自慢の足で頑張ればなんとかなるでしょう。
厚いグリップの方はローボレーをしなくても済むようポジションを考えてみてください。

デ・ポーム・ワールド航空杯


ビギナーランキングはこちら

2019年11月21日木曜日

11月20日大会結果

11月20日
デ・ポーム杯
(ワールド航空&アミノジェット杯)あたご会場

11月20日 晴天ではありましたが、とても風が強く選手の皆様は大変苦労をされたかと思います。お疲れ様でした。
冒頭にスポンサーであります日本理化学薬品のアミノジェットはミツバチの13種のアミノ酸と表記してきましたが、スズメバチの13種のアミノ酸の間違いでした。日本理化学薬品様大変失礼いたしました。この場を借りて訂正とお詫びを申し上げます。
スズメバチと言うことはかなりが効き目があると言うことです。是非、お試しください。

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:加藤・中村ペア
グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:佐野・池田ペア
アミノジェット
疲れ知らずのスズメバチの13種のアミノ酸
(日本理化学薬品)
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:前川・武田ペア
秋の甘栗
デ・ポーム・ワールド航空杯 4位
4位:中村・安岡ペア
スターバックスチケット

強風の中、お疲れ様でした。風は自分のプレーの妨げになりますよね。
でも、相手も条件は一緒、風を利用しなくてはいけないですね。
まずは、嫌だと言う気持ちを持たないことです。その為にはいい経験を持てるといいですね。
デ・ポーム・ワールド航空杯

デ・ポーム・ワールド航空杯



フリーランキングはこちら

2019年11月15日金曜日

11月14日大会結果

11月14日
デ・ポーム杯(ワールド航空&アミノジェット杯)フリー大会

初めての日本大学文理学部会場での大会が晴天のもと開催されました。
開催に際しましてご尽力頂きました、学校関係の皆様には心より御礼申し上げます。

状態も良く、広々としたコートで参加者の皆様はのびのびとプレーを楽しんでいました。

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:原田・西村ペア
グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:加藤・中村ペア
疲れ知らずの蜜蜂の持つ13種のアミノ酸
アミノジェット
(日本理化学薬品)
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:佐野・岡西ペア
美味しいラフランス
デ・ポーム・ワールド航空杯 4位
4位:松田・龍ペア
讃岐うどん

ボレーは横向きか?
ボレーは1でターン、2で体重移動でヒット。
1のターンってどれぐらい?
一般的にはコンチネンタルグリップでまっすぐ打つとして、ターンにより面を作り足で運ぶ。フォアハンドは開いて閉じる。あまり横向きになると前肩が邪魔になる。したがって、オープンぎみで打つことが基本。
バックハンドはシングルハンドで話すと閉じて開く、利き腕が前と言うことで前に邪魔するものはないし、しっかり肩を入れることでパンチを与える。
フォアハンドはオープン。
バックハンドはしっかり横向き。
簡単に横向いてって言ってもフォアとバックでは違いますね。
ボレーでテイクバック(あまりこの言葉は使いたくないですが)フォアは手で引けるけど、バックは手と言うよりターンで引くのである程度横向きになる。しかしながら、現代のテニスはそんな時間もないぐらいスピードがあるので前で『さばく』って感じかな❗
そして、ターンする事は詰めるのが遅れる。決めの時は横を向くことより、速くネットをとる方が大事ですね。

また、グリップの厚さでも変わるだろう。フォアで言えば厚ければ厚いほど前を向く。
そして、ボディーに来てしまった。ターンする時間もない、としたら、高さによってはスライドさせてサイドスピン、もしくはグリップを厚く持ちかえて、しゃがみながらウイニングショット。パチパチ😄
大人の皆様は、決まればあまりこだわらなくても良いのでは、素早い状況判断が不可欠。 

グリップはルールではないが、総合的にはボレーに関して言えばコンチネンタルが良いだろう。長年厚いグリップでやって来た人にとっては変えるのは容易ではない。結論としてはノーグリップだが、コンチネンタルで持てたら良いですね。
子供たちに教えるときはコンチネンタルですよ😃

デ・ポーム・ワールド航空杯

デ・ポーム・ワールド航空杯

フリーランキングはこちら

2019年11月7日木曜日

11月6日大会結果

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:村田・佐藤ペア
グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:久保・相馬ペア
アミノジェット
13種のミツバチのアミノ酸
疲れ知らす、筋肉回復
(日本理化学薬品)
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位・4位・ブロック優勝
3・4位ブロック優勝:松原・清水ペア
アミノジェット
疲れ知らす13種のミツバチのアミノ酸
筋肉回復
(日本理化学薬品)

ビッグな中国
先日、後輩とランチ。中国のコーチとアジア圏のアカデミーの確立を目指すそうだ。
相談を受けたわけだが、中国の話しはビッグマネーのビッグな話。20面あるところに、あと50面も作るそうです。何て話だ。日本だけでジュニアの育成をするのは限界がある。錦織君初めIMG,スペインJC フェレーロアカデミー等、多くのジュニアが海外で練習している。
それをアジア圏内で何会場か作りたいそうだ。日本でそんなお金を出してくれる企業は!有るかな?

それより、皆さんにとっては、今日・明日の自分のテニスかな?

デ・ポーム・ワールド航空杯

以前の続き
パンチボレーを放つ時、コーチによって色々言い方はあるかと思いますが、私の場合、『グリップエンドをこっちに見せて』と、次に『グリップエンドで判子を押して』と言います。
グリップエンドを見せると言うことは手を引くのではなく、ヘッドを引く。
判子を押してと言うのは結果ラケットを立てることになる。
グリップの動きが小さく、ヘッドの動きが大きくなる。
良い例えかなぁ?これで分かった‼️
くれぐれも大事な書類の判子は慎重にね❗

ビギナーランキングはこちら

2019年11月1日金曜日

10月31日チーム戦結果

10月31日デ・ポーム杯
(ワールド航空&アミノジェット杯)が開催されました。チーム戦と言うことでとてもよい雰囲気の中無事終了いたしました。

デ・ポーム・ワールド航空杯 優勝
優勝:もみじおろし グルメ券
デ・ポーム・ワールド航空杯 準優勝
準優勝:エースをねらえ
アミノジェット
疲れ知らず・ミツバチの13種のアミノ酸
(日本理化学薬品)
デ・ポーム・ワールド航空杯 3位
3位:ペパフォレスト
完熟パイナップル
デ・ポーム・ワールド航空杯 4位
4位:MOSH
ゴールドキウイ
今日は、とてもレベルが高い大会でした。主催者としましては大変喜ばしいことです。
そこで聞く言葉。わー凄い❗まるでレベルが違う。全く歯が立たない。

そんな言葉と、数年前の私の記憶とが重なる。ある学生から彼はジュニアの時からトップだから勝てません。 ?
私に言わせたら、じゃぁいつ勝つの?
今でしょ❗とはいえ無いけど、対戦する前から負けているんです。
確かに今は勝てないでしょう。
勝てないと言った学生は、自分で線を引いているんですね。流行りの『身の丈』を自分で決めていると言うことですかね。
確かに小さい頃から必死に高校まで頑張ってきたのであれば、そこそこレベルは確立され、大学生になってそこに追い付くのは至難の技。そこに、ラインを引いてしまったら、全く勝ち目を放棄してるようなものだ。

話を戻すが、今日、無理無理と言ってた人達。テニスを始めたのが遅い、経験が少ない、環境的にテニスをする時間がない。

条件が悪いことはどうにもなら無いことが多い。その分集中して練習をする。いつでも、工夫しながらトレーニングをする。何かやれることをするしかないんです。何を見つけるかが大事だと思います。
私は皆が練習している時間に授業があると、学校までの電車ではつり革に捕まらず!爪先立ちをしました。それはトレーニングでもあり、やったと言う自信にも繋がり、ちょっとだけテニスに役に立ちました。
何でも良いんです。頑張ってみてください。ちょっとだけ変化があるはずです。頑張って損はないと思いますよ😃

デ・ポーム・ワールド航空杯